Archive for the ‘相続全般’ Category

相続Q&A 417 遺贈と死因贈与契約の違い

2022-09-06

Q417

遺贈と死因贈与契約は何が違いますか?

 

A417

法律行為の性質が異なります。

 

遺贈は、遺言者の死亡時に、財産が遺言者から受遺者(財産を受け取る人)に移転することを遺言者自らが決めます。

この移転先の決定に受遺者との意思の合致は必要ありません。

 

一方で死因贈与契約は、契約ですので、互いに対立する意思表示の合致によって成立します。

相続Q&A 416 死因贈与契約

2022-09-04

Q416

死因贈与契約とはどういうものでしょうか?

 

A416

贈与者の死亡を条件として効力が発生する贈与契約のことをいいます。

死因贈与契約書を作成して契約を交わしても、生前贈与とは異なり、契約の時点では贈与税は課税されません。

 

相続Q&A 414 在日外国人の遺言

2022-08-30

Q414

私は在日外国人なのですが、日本で遺言を遺したいです。

この場合、日本と母国どちらの国の法律が適用されるのでしょうか?

 

A414

遺言の成立及び効力は、その成立の当時における遺言者の本国法による(通則法37条)とされています。

 

相続Q&A 413 一部の遺贈放棄

2022-08-11

Q413

叔父から全遺産の遺贈を受けたのですが、不動産だけ受け取って他の遺産は放棄したいです。

A413

包括遺贈の場合、一部の遺贈の放棄はできません。

ただし、特定遺贈で、遺贈の目的物が可分の場合には一部の放棄も可能です。

相続Q&A 411 遺贈が放棄できる期間

2022-08-04

Q411

遺贈を放棄できる期間はいつまでですか?

A411

包括遺贈の場合は3か月以内です。特定遺贈の場合はいつでも放棄を申し立てることができます。

相続Q&A 409 遺贈の放棄

2022-07-29

Q409

亡くなった友人から遺贈を受けました。

お断りしたいのですがどうすればよいでしょうか?

 

A409

遺贈は放棄ができます。

ただし、放棄できる期間や申立先が包括遺贈か特定遺贈かによって異なりますので、ご注意ください。

相続Q&A 408 遺言執行者の選任方法

2022-06-10

Q408

遺言執行者はどのようにして定めれば良いのですか?

 

A408

遺言執行者の決め方は2通りあります。

 

一つ目は、遺言者が遺言書の中で指定しておくというやり方です。

例えば、「本遺言の遺言執行者は、長男の○○とする。」のような文言を含めておくことで、遺言執行者の指定ができます。

 

二つ目は、家庭裁判所へ申立をするというやり方です。

専門家が関与しなかった自筆証書遺言の場合によくあるケースなのですが、遺言書内で遺言執行者を指定していなかった場合は、家庭裁判所に遺言執行者の選任申立を行う必要があります。

 

なお、遺言執行者の選任申立や相続放棄などの裁判所書類作成業務は、司法書士の独占業務です。

たとえ無償であっても、司法書士(と弁護士)以外の者が業として行うことは出来ませんので、その点ご注意くださいませ。

 

 

相続Q&A 407 財産目録と遺産分割協議

2022-06-06

Q407

遺産分割協議を行う際には必ず財産目録を作成しなければならないのですか?

 

A407

財産目録は、必ず作成しなければならないというわけではありません。

しかし現実的には、どの財産をどれくらいの割合で相続するかの協議を行うため、事前に財産目録を作成しておくのが一般的でしょう。

 

なお、遺言による相続手続で、遺言執行者が関与する場合には、財産目録の作成や交付が法律上義務付けられています。

相続手続は一見簡単そうですが、その実、数えきれないほどの落とし穴が潜んでいます。

東久留米司法書士事務所は相続に詳しい司法書士事務所です。

お困りの方は、是非一度、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

相続Q&A 406 財産目録と遺産分割協議

2022-05-11

Q406

相続手続きを行いたいのですが、財産目録を作成する必要はありますか?

 

A406

財産目録は、必ず作成しなければならないものではありません。

しかし、遺産分割協議をする前提として、そもそもどのような財産があるのかを洗い出す必要がありますので、結果的に財産目録のようなものを作成することになるかと思います。

 

流れとしては、

(1)戸籍等の収集

→相続人の確定

 

(2)残高証明書や評価証明書等の取得

→財産の確定

 

(3)遺産分割協議

→誰が、何を、どれくらい相続するのかの話し合い

 

 

 

相続Q&A 405 ゆうちょ銀行の相続手続き

2022-03-28

Q405

ゆうちょ銀行の相続手続きをしたいのですが、何から始めれば良いのでしょうか?

 

A405

ゆうちょ銀行の相続手続きを行う場合、まずはゆうちょ銀行へ死亡の連絡をします。

これにより、被相続人名義の口座は凍結されます。

 

次に、ゆうちょ銀行窓口へ「相続確認票」を提出します。

その後、ゆうちょ銀行から必要書類の案内や申請書が郵送されてきますので、全て整えた後、再度窓口へ提出する必要があります。

 

このように、預貯金の相続手続きは何度も足を運ばなければいけないだけでなく、必要書類を不備なく揃える必要があります。

簡単なように思えて意外と面倒な手続きですので、お困りの方は東久留米司法書士事務所までお気軽にご相談くださいませ。

 

 

« Older Entries

トップへ戻る

0424201723 問い合わせバナー