相続Q&A 356 名義預金のリスク回避について

Q356

相続税対策として子や孫に金銭の生前贈与を考えています。

名義預金と認定されないようにするには、何に注意すればよいでしょうか?

 

A356

名義預金か否かは、事実認定の範疇であるため、事例によって異なってきます。

しかし、以下のポイントに注意すればリスクは回避できます。

①贈与契約書の作成

②贈与内容の記録

③通帳、カード、定期預金証書および印鑑の管理等

④受贈者が預金の使用収益権をか確保していること

⑤贈与税の申告納付

 

※毎年継続して贈与する場合

同一時期に同一金額を継続して贈与すると、定期贈与としてとらえられる可能性があります。

贈与金額、贈与時期に変化をつけることも有効です。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー