改正相続法Q&A 120 配偶者居住権における「居住」の要件

Q26

住居兼店舗として使用していた建物についても、配偶者居住権を成立させることはできるのでしょうか?

 

A26

配偶者居住権の成立における「居住」という要件の中に、建物の全部を居住の用に供していたことまでは含まれていません

そのため、住居兼店舗として使用していた建物についても配偶者居住権が成立し得ます。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー