相続Q&A 12

Q12

被相続人の所有であった建物が他の者との共有であった場合、配偶者居住権は消滅してしまうのでしょうか?

 

A12

被相続人の所有建物が配偶者の財産に属するものとなった場合であって、その居住建物が他の者と共有の状態にある時でも、配偶者居住権は消滅しません(新民法1028条2項)。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー