相続Q&A 165 遺言書の検認とは

Q44

遺言書の検認とは何ですか?

 

A44

自筆証書遺言の場合、それを用いて登記申請や預貯金の解約作業を行うのであれば、まず家庭裁判所での「検認」という作業をすることになります。

これは遺言書の存在を確認するための非常に大事な作業です。

また、検認前に勝手に遺言書を開封すると過料に処せられる可能性もありますのでご注意ください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー