相続Q&A 97

Q14

持戻しの免除とは何ですか?

 

A14

被相続人は、民法第903条1項,同2項と異なる意思表示をすることができます(民法第903条3項)。これを学説上「持戻しの免除」とよんでいます。

具体的には、生前贈与を相続財産に加算せず、また、贈与や遺贈をした額を具体的相続分から控除しないことを「持戻しの免除」というのです。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー