相続Q&A 369 建物滅失登記と相続

Q369

建物が老朽化したので滅失したいと考えています。

しかし、建物の登記名義人が亡くなった父のままである場合、一度相続登記をしてからでないと滅失登記はできないのですか?

 

A369

建物滅失登記をする場合、その前提として相続登記をする必要はありません。

この場合、建物の名義人であるお父様の相続人が、単独で滅失登記申請をすることができます。

 

滅失登記の分野は、土地家屋調査士の専門となります。

東久留米司法書士事務所では、提携の土地家屋調査士をご紹介することも可能ですので、お困りの方は是非一度ご連絡くださいませ。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー