相続Q&A362 名義株とは

Q362

「名義株」とはなんですか?

 

A362

他人の名義を借用して株式の引受け及び払込みがなされた株式のことです。

名義株は株主名簿上の株主と実質上の株主が異なっています。

実質的な所有者の相続人が、この存在を知らずに相続税申告してしまうと、その後の税務調査で名義株の存在が明らかになり、追徴課税が発生する恐れがありますので、注意が必要です。

株式の相続でお困りの方は、東久留米司法書士事務所までご相談ください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー