相続Q&A 35

Q15

相続に関しての準拠法は、いつの時点を基準に適用すればよいのでしょうか?

 

A15

相続法の適用にあたっては、原則として相続開始時を基準とします。

そのため、相続開始の時が旧法適用時の場合は旧法を、新法が施行された後であるときは新法を適用します。ただし、新法が施行された後であっても、旧法当時に生じた身分変動については旧法を適用しなければならない場合などがあります。この点は非常に複雑ですので、注意を要します。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー