相続Q&A 359 後見類型と診断書

Q359

成年後見人、保佐人、補助人の分類は誰が決めるのですか?

 

A359

申し立てにより、意思能力の衰えの程度に応じて、成年後見人保佐人補助人が付されることがあります。

この申し立ての際に医師の診断書を提出する必要があるのですが、その診断書内で、医師が「後見相当」のような記載を行います。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー