相続Q&A 271 遺贈と死因贈与

Q270

遺贈と死因贈与の違いは何ですか?

 

A270

遺贈は、遺言という相手方の無い単独行為によって行われます。

これに対して死因贈与とは、当事者間の契約によって成立するものです。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー