相続Q&A 261 準確定申告が必要な場合

Q261

準確定申告はどんな場合に必要なのでしょうか?

A261

被相続人が生前に個人事業を営んでいるなど、確定申告を要していた場合が多いです。

一方給与取得者については、給与支給者が年末調整により税額の算出等を行うので、確定申告は不要である場合が多いです。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー