相続Q&A 241 行方不明者がいる場合の遺産分割協議

Q241

相続人が行方不明の場合、遺産分割協議はどのようにすればいいのですか?

 

A241

遺産分割協議は、共同相続人全員で行わなければ無効となります。

そのため、共同相続人間に行方不明者がいる場合、利害関係人の請求に基づいて家庭裁判所が不在者財産管理人を選任し、この不在者財産管理人と相続人との間で遺産分割協議が行われることになります(民法第25条1項)。

 

しかし、遺産分割という行為は財産処分的行為の要素を含むものであるため、遺産分割協議を開始するに際して家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法第28条)。

連絡の取れない相続人がいる場合の相続手続きは、一筋縄ではいきません。

必ず、相続に強い司法書士や弁護士までご相談ください。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー