相続Q&A 7

Q7

遺言執行者について何か変更点はありましたか?

 

A7

新民法は、遺言執行者の権限を明確に規定しました。具体的には、遺言執行者は遺言内容実現のため相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有するとしたうえで(新民法1012条1項)、その権限内において遺言執行者であることを示してなした行為が、相続人に対して直接に効力を有するものとなることとしました(新民法1015条)。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー