改正相続法Q&A 35 共有の場合の配偶者居住権消滅請求

Q35

居住建物が共有の場合、配偶者居住権の消滅請求は誰が行うのですか?

 

A35

居住建物が共有の場合、配偶者居住権の消滅請求は各共有者が単独ですることができるものと考えられています。

これは、民法第252条但し書きの保存行為に当たると考えられるからです。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー