改正相続法Q&A 116 配偶者居住権における「居住」

Q22

配偶者居住権における「居住」という要件は、具体的にはどのようなことを指すのでしょうか?

 

A22

配偶者居住権における「居住」という要件は、配偶者が建物を生活の本拠として利用していたことを意味します。

そのため、例えば被相続人が亡くなった時点で配偶者が海外旅行をしており、当該建物に現住していなかったとしても、当該建物が生活の本拠であることに変わりない以上、配偶者居住権が成立し得ます。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー