改正相続法Q&A 17

Q17

配偶者居住権はどのようなときに消滅するのでしょうか?

 

A17

配偶者居住権は、配偶者が居住建物の用法遵守義務や善良な管理者の注意義務に違反したときに、居住建物の所有者から配偶者に対する意思表示によって消滅させることができます(新民法1032条4項)。また、配偶者居住権の期間満了(新民法1036条,民法597条3項)や、配偶者居住権が認められた配偶者の死亡(新民法1036条,民法597条3項)、居住建物の全部滅失(新民法1036条,民法616条の2)によっても、配偶者居住権は消滅します。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー