戸籍Q&A 16

Q16

相続に関しての準拠法を運用する戸籍法規については、いつを基準に適用するのですか?

 

A16

原則として、被相続人の身分関係の発生・変更・消滅当時を基準にして、戸籍法・関係規則・先例等をチェックする必要があります。相続人を正しく把握するためには、身分変動当時の戸籍の記載法を知る必要があります。また、その前提として身分変動当時の親族法・相続法の適用がありますので注意が必要です。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー